水道工事の効率化|未来を担う企業の強い味方|TV会議で効率アップ

未来を担う企業の強い味方|TV会議で効率アップ

水道工事の効率化

2人の女性

申請書を簡単に作成

指定事業者が給水工事を行なうときは、各自治体の条例に基づき、給水装置工事申請書や設計書を提出しなければなりません。様式やサイズについては自治体ごとに細かい取り決めがあり、いちいち手書きで申請書を作成するのは非常に面倒な仕事です。また現場の従業員が不慣れで効率が悪くなることもあります。水道申請ソフトを導入すれば、こうした手間を省くことができます。もちろん一般的なCADソフトも利用できますが、パソコンに習熟していないと操作が煩雑なので注意が必要です。パソコンが得意でも現場に合わせて微調整が必要で、結局は時間がかかってしまう場合もあります。専用に開発された水道申請ソフトなら、誰でも簡単に使いこなせるため人気があります。

専門知識が不要

水道申請ソフトの多くは、平面図を作成するだけで立面図や縦断面図が作成され、申請書類も自動で出力されるようになっています。平面図の作成にも製図の知識はほとんど必要なく、感覚的にパーツを配置するだけでできるのが特徴です。パソコンの知識がない方にも、現場の知識がない方にも使えるため、わざわざ申請書のために時間を取られることがありません。時間と経費を節約し、業務を効率化するために役立つシステムです。水道申請ソフトの中には安価なものや無料のものも存在しますが、サポート体制には注意が必要です。市町村によって基準が異なったり、制度が変わったりする場合もあるため、使用方法も含めてしっかりとサポートしてくれる会社の製品を選ぶことが大切です。